日本とコンポンチャムでシンプルな暮らし

はじめての海外旅行の準備、海外生活とか

コンポンチャムの観光といえば、竹の橋

コンポンチャムの観光スポット、竹の橋(バンブーブリッジ)が今年も出現しました。

 

f:id:kampongcham2:20180131214027j:plain

 

 

 

コンポンチャムの、竹の橋(バンブーブリッジ)って何?

 

コンポンチャム州とトゥボーンクモム州の間を流れる大河メコンには、日本の援助で架けられた「きずな橋」が架かっています。

 

その「きずな橋」から500メートルくらい南西のところに、手作業で組む「竹の橋」が乾季(12月から4月くらい)のみ出現します。

 

文字通り竹で作られるこの「竹の橋」は、メコン川の中州にある島に渡るために架けられるのですが、徒歩だけでなくトぅクトぅクやバイクでも渡れます。

 

雨期(5月から11月くらい)はメコン川の水位が10メートルくらい高くなりますので、この「竹の橋」は崩されて無くなってしまいます。

 

雨期はこの橋がありませんので、時間のかかる渡し船で、島の皆さん行き来しています。

 

乾季のみ出現するこの「竹の橋」、バイクで渡るとバランス悪くて、けっこう楽しめる観光スポットとしても有名なんです。

 

 

(カンボジア観光のカテゴリの記事、他のもよろしければお読みください。)

ポチェントン空港の近くの、深夜チェックインでも安心ホテル - 日本とコンポンチャムでシンプルな暮らし

 

 

竹の橋、存続の危機?

 

現在、このメコン川の中州の島に架けるコンクリートの橋が、完成目前となっています。

 

そして、まだ工事中にもかかわらず、このコンクリ橋をすでにバイクで自由に通れるので(けっこう危険(笑)ですが)、「もう竹の橋は出現しないのでは?」と噂されていました。

 

さいわい今年は「観光スポット:竹の橋」が出現しましたが、来年以降コンクリ橋が完成してしまうと、存続するかどうか。。。心配です。

 

 

バンブーブリッジの楽しみ方。

 

なんといってもバイクで渡るのが楽しいですが、徒歩でも良い景色を堪能できます。

川面にうつるキズナ橋の写真も撮れます。

 

youtubeさんでも、「bamboo bridge kampongcham 」とか検索しますと動画みれます。

 

竹の橋を、島へ渡り切ったところに料金所がありますが、とちゅうでUターンしてしまう観光客も多いようです。(笑)

 

島には、簡素ですが観光リゾートっぽくしてある場所がありますし、島のみなさんの生活を見学するのも楽しいと思いますので、料金所で、日本円で約20円くらいですので払って渡ってみることをおススメします。

 

 

最後に。

 

存続の危機?のコンポンチャムの観光スポット:「竹の橋」(バンブーブリッジ)がなくなってしまう前に、ぜひ一度おいでください。おススメです!!