日本とコンポンチャムでシンプルな暮らし

はじめての海外旅行の準備、海外生活とか

カンボジアの運転免許証

ここ最近は、カンボジアで100ccくらいの小さいバイクを運転するのは、運転免許証いりません。

公道でも、小学生も乗っています。(笑)

 

 

f:id:kampongcham2:20180203220521j:plain

pixabay.com 

 

 

でも、事故ったとき、現地の保険の手続きなどで必要になることもありますので、やはり運転免許証とったほうがいいそうです。

プノンペンの日本大使館で、日本の運転免許証から、カンボジアの運転免許証へのきりかえのために、翻訳した書類を作成してもらい(20ドル)、免許センターに行き、申請します(10ドル)。

 

今年から、毎年の延長申請でも、この手続きが必要のようです。

以前はもうすこし簡単で、旅行代理店などにお願いできていました。

 

いわゆる国際運転免許証を日本で申請して、持参するのもありです。

現地の警察官の方は、国際運転免許証を見たことなかったり、英語わからなかったりしますのでビミョーですが、、、とにかく保険申請にはつかえるそうです。

ここが大事のようです。

 

ちなみに、カンボジア在住の9年間で、一度も警察の方に「免許証を見せて」と言われたことはありません。(笑)

 

 

(同じカテゴリの他の記事もよろしければお読みください)

www.kampongcham2.work

 

 

大きいバイクや、車を運転するならもちろん運転免許証が必要です。

運転時の対人・対物事故の補償などは、一般的な海外旅行保険はカバーしてませんので、現地の保険に入っておくとよいと思います。

 

示談交渉など、外国語でやるのはかなりハードル高いので、保険会社の方に助けてもらえるのは大きなメリットです。

事故証明などを、カンボジアの警察でお願いするのもタイヘンですから。。。

 

事故らずに元気で生活できるよう、ゆっくり安全運転ですね!

 

2017年12月30日追記:

ある日本の保険代理店によりますと、現地の状況にあわせた保障、手続きに対応しているとのことです。

カンボジアは、小さいバイクの運転免許証なくても、対応してくださる保険会社もあるそうです。

要確認ですね。