日本とコンポンチャムでシンプルな暮らし

はじめての海外旅行の準備、海外生活とか

緊急時に備えて、タクシーで海外旅行保険がつかえる病院へ

海外旅行のとき、体調くずしたり、ケガしたりした場合に、海外旅行保険のありがたみを痛感します。年会費無料のクレジットカード付帯の海外旅行保険にもタイヘンお世話になっております。エポスカードとか、感謝です。

 

f:id:kampongcham2:20180202224449j:plain

 

 

キャッシュレスですぐ診療していただける病院、しかも日本語も対応してくださる病院がシェムリアップ、プノンペンにあります。海外旅行保険の「しおり」や「保険ガイドブック」に病院の住所や連絡先でていますので、要チェックです。大都市以外で暮らす私としては、交通事故などの緊急時の対策を考えておく必要があります。

 

その対策はズバリ、「カゼなどのとき、病院までいつもタクシーを利用する!」というものです。

 

普通ですねぇ。。。でも大切なんです。なぜなら、こちらの救急車があてにしにくいんです。救急車を呼ぶと、近くの地元の、設備があまり充実していない病院に案内されてしまいます。緊急時こそ、技術も信頼できて、海外旅行保険も使えて、日本語も対応していただける病院に行きたいんです。

 

私が住むコンポンチャムにも、長距離タクシーがいつも客待ちしてるとこがあります。そこのタクシーでカゼなどのとき、普段からお願いして、自宅と、保険が使えてキャッシュレス診療していただける病院の場所をしっかり覚えてもらいます。利用ごとに、運転手さんの名刺いただいておきます。緊急時にそなえて、2、3人の運転手と顔見知りになっておくと良いです。交通事故や大きな病気など緊急時には、いつものタクシーさんに連絡して、すぐに希望の病院に行けるようにします。海外の地方都市に在住の方におすすめしたいです。

 

さいわい、いまのとこ大きな病気や交通事故などないです。

 

これからも健康に気を付けて、シンプルライフでいこうと思います。