日本とコンポンチャムでシンプルな暮らし

はじめての海外旅行の準備、海外生活とか

アンコールワット観光でシェムリアップとプノンペンとシアヌークビル

カンボジアの観光地といえば、アンコールワットのあるシェムリアップが有名です。

 

ついでに首都プノンペン、ビーチリゾートのシアヌークビルも訪問できますね。

 

f:id:kampongcham2:20180202223717j:plain

 

 

都市間の移動には長距離バス、タクシーが田舎の景色も堪能できておススメです。

 

カンボジア・アンコール航空でも安価で移動できます。

 

通貨はリエルですが、なぜか米ドルも使えます。小さな商店でも使えます。

 

1ドルが約4000リエルくらいです。

 

在住者の目線ですこし紹介してみます。

 

  1.  シェムリアップといえば世界遺産アンコールワット
  2. シェムリアップのホテル
  3. シェムリアップのレストランとか
  4. シェムリアップの移動
  5. カンボジアの首都プノンペン
  6. プノンペンのホテル
  7. プノンペンのレストラン
  8. プノンペンの移動
  9. ビーチリゾート、シアヌークビル
  10. シアヌークビルのホテル
  11. シアヌークビルのレストランとか
  12. シアヌークビルの移動
  13. まとめ

 

1.シェムリアップといえば世界遺産アンコールワット

入場料がさいきん値上がりしました。

1日券20ドルが37ドルになりました。

3日券40ドルが62ドル。

1週間が60ドルから72ドルへ。

トゥクトゥクタクシーさんまる一日お願いすると20ドルとかします。

レンタル自転車が2ドルとかなので、体力に自信あればよいですね。

3、4日間あれば、けっこう見れます。

さすが世界遺産!と思いましたが、一日では3か所くらいしかまわれません。

 

2.シェムリアップのホテル

高級からお手頃価格までたくさんありすぎて選ぶのタイヘンです。

ひとりででかけた時は、安宿のドミトリーを利用しました。

8人の相部屋です。消灯時間あり。共同シャワー、トイレ。

セーフティーロッカーのカギ渡されます。

男性専用、女性専用ありますし、けっこう寝れます。一泊3ドルくらいです。

妻と行くときは、チャンネルアンコールホステルというとこが常宿です。

一泊11ドル、エアコン、ホットシャワー、朝食ありです。Wi-FiもOK。

ホテル予約のアゴダさんで予約してます。

お隣にあるパン屋さん、フランス人経営者で、おいしいパンもケーキも夜6時以降は半額で買えます。おススメです。

 

3.シェムリアップのレストランとか

テンプルというレストランが二、三か所あり、夜7時くらいからアプサラダンスが観れてお得です。

おみやげ屋さんはカンボジアティータイムさんで決まり!

 

4.シェムリアップの移動

空港から市内まで、トゥクトゥクで20分くらいです。

長距離バスは、市内のツーリスト屋台とかお店でバスチケット買い、約束の時間にその屋台かお店でピックアップしてもらいまして、市外の大型バス乗り場まで行き、乗車します。プノンペンまでなら6時間あれば行けます。

シェムリアップから、バスでベトナムのホーチミン、ラオスのパクセー、タイのバンコクなどにも行けます。

 

5.カンボジアの首都プノンペン

けっこう都会です。ドンペン地区やボンケンコン地区、リバーサイドはホテル、レストラン、たーくさんあります。物価の安いカンボジアでも、中心部は土地が高く、テナント料も高いため、新しいレストランもできては、すぐつぶれることもしばしば。

ホテルやビルの屋上にあるオープンエアのバーやレストランが、日本より安価でおススメです。

 

6.プノンペンのホテル

モンドルキリブティックホテルというとこが、ツインベッド一泊朝食つきで22ドルくらいで、キレイです。

築年度が最近の新しいとこは、安くてもキレイでよいです。

100ドル以上のホテルもいっぱいありますが、一度だけインタコンチネンタルホテルに泊まりました。

さすがに素晴らしいです。

別のときに、朝食ブッフェだけ行ったりもしました。20ドルで豪華な朝食たのしめます。

 

7.プノンペンのレストラン

リバーサイドのビヴァが好きです。タコス、ブリトー、サルサなど8、9ドルで楽しめます。

エアコンのきいたカフェもたくさんあります。オシャレです。

屋台でココナツジュースも、冷やしてあるので最高です。

 

8.プノンペンの移動

空港から市内中心部まで30分くらい、トゥクトゥクタクシーで9ドル、エアコンきいた、メータータクシーもあります。

空港からでて、流してるトゥクトゥクなら、市内中心部まで5ドルで行ってくれたことがあります。

空港から市内まで、路線バス(日本の援助のもの)もあります。空港でて、すぐのバス停から乗れます。セントラルマーケット近くまで行けます。1500リエル(40円くらい)です。荷物が多いときは、他の方々に迷惑なりそうで、タクシー使います。(笑)

地方への長距離バス、ソリヤバス停、キャピトルバス停など、タクシーみなさんご存知ですぐ案内してくれます。

シアヌークビルまでの電車がさいきんは走ってるそうです。まだ乗ったことありませんが、時間によゆうあるときに、乗ってみたいです。

 

9.ビーチリゾート、シアヌークビル

アジアのビーチリゾート、安価で楽しめていいです。

シーフード美味しくいただけます。

シアヌークビル空港は、国内線だけでなく、最近はエアアジアが就航しています。便利になってきていますねぇ。

 

10.シアヌークビルのホテル

プライベートビーチのある、ソカホテルに一度だけ泊まりました。

朝食も種類豊富で素晴らしいです。

 

11.シアヌークビルのレストランとか

ビーチでバーベキュー串がいいですねぇ。

すし屋さんもあります。

Snake House Hotel Restaraunt というとこが、ワニやオウムとかいっぱい飼っていて南国っぽいですし、ロシア料理のボルシチスープとかいただけます。

 

12.シアヌークビルの移動

坂が急こう配で自転車ではタイヘンです。レンタルのスクーターが便利ですが、、、自己責任で気を付けてご活用ください。

ビーチ周辺のみでのんびり過ごすだけであれば、トゥクトゥクでいいですね。

空港も長距離バス停もビーチからけっこうかかります。30分以上かかるかな?

4~8人で旅行であれば、ホテルからタクシーでプノンペン空港まで直行というのも快適です。4時間くらいで、長距離バスよりも早いです。

 

13.まとめ

短期間なら飛行機、のんびり旅ならバスですかねぇ。

 

バス旅はトイレが困ります。

 

休憩所、ガソリンスタンド、さいきんはけっこうトイレをキレイにしてるとこ増えてきましたが。。。

 

時間あれば、陸路でラオス、タイ、ベトナムもおでかけすると楽しいと思います。

 

読んでいただき、ありがとうございました。